保育士の資格取得

保育士の資格を取得することで、保育施設で実際に仕事を進めることが可能になります。そのため、保育士になりたいと希望している人々は、最初に保育士の資格取得を目指すところが肝要になると言えるのではないでしょうか。現在このような資格の取得をサポートする動きが非常に活発なものとして見受けられるようになっているため、短期間でこうした資格を得る人が増加の傾向にあるのではないかと思います。
昨今は保育士資格に関する詳細な情報が、多くの人々からよく知られるようになってきています。そのため、保育士の資格を着実に取得しようとする人が多くなってきており、実際に保育士として活躍できる人が増加することにも関わっているのではないかと推測されています。様々な方面で、このような傾向が際立ってきているのではないかと思います。
今後はより多くの人々が、保育士の資格を新規に取得していくものと見込まれています。そのため、これまでよりも保育士の仕事を通じて活躍する人材が数多く存在するようになっていくと見込まれており、多方面で話題としても取り上げられるでしょう。年代に関係なく、保育士の資格を得る人が増加するとも予測され、注目が示されていくのではないかと思います。

保育士は未経験でも時給が比較的高く延長保育や夜間保育に積極的に携わるともっと稼げます

保育士は試験に合格して資格さえ取得しておけば、一定の年数の経験がなくても子供の人数が中程度の規模の保育園までなら応募できる権利はありますが、特に資格がなくても保育士補助という形式で業務に携わる事ができます。
しかも保育士は未経験でも時給900円という所がありますし、経験が買われた場合は時給1500円前後の職場もある事から、仕事した分だけきちんと給与で頑張りが認めて貰える利点があります。
最近は女性も男性と平等にどんどん社会進出をしているので、保育所と保育士の人数が常に不足している状況であり、日中から夕方まで働くスタイルに加えて、夕方から夜間遅くまで保育を行う新しい勤務形式も派生しており、その場合は時給アップや時間外の勤務手当が付くメリットもあります。
未経験でも保育士として採用されるには、子供が大好きである事と同時に、どの子に対しても均等の愛情と教育熱心を分け与える事が重要になり、子供の保護者とも協調して接する事ができる礼儀正しさは常に心掛ける点は忘れてはいけません。
それがきちんと出来るかどうかを採用試験の面接では主に厳しく見られるので、話言葉の丁寧語や謙譲語などはきちんとマスターし、何事にも笑顔でテキパキと受け応えできるように特訓しておきましょう。
保育士は未経験でもキャリア問わず短時間でも高給を稼ぎやすい仕事なので、月収10万円前後の収入が欲しい時は、手当が基本給の倍額付きやすい延長保育や夜間保育なども行っている保育施設を探して入職するのがお勧めです。

保育士体験談

これは結構前の話なのですが、私が保育士の仕事をしていた時の大変だったことや嬉しかったことについて少しまとめてみます。
そもそも私が保育士になろうと思った原因は親戚の子供と仲良くしていたところ、その子供の親に保育士とか向いてそうだよねと言われただけという単純な話でした。
そして保育士になるために猛勉強して、夢をかなえましたね。
しかし、実際に働いてみるともちろん楽しいこともあるのですが、大変なこともいっぱいありましたね。
例えば子供たちには昼寝の時間というものがあるのですが、全員がぴったり同じ時間に寝てくれるようなことは絶対になく、その眠れなかった子が騒ぎ出して、それが連鎖して大パニックということが何度もありましたね。
結局全員が眠るのはかなり時間がたった後で、正直こんなことになるなら昼寝の時間なんていらないんじゃないかと思ってしまいましたね。
後はとくかに耳がおかしくなりそうなくらい騒がしいです。
まぁ、これは仕方ないことなのですが、寝不足の時とかはかなりこたえますね。
逆にいいことなのですが、これはとくかく遊んでいれば子供はかわいいということですね。
勝手に遊んでくれて何もトラブルを起こさなければ、とてもほわほわした時間が味わえます。

東京だと中途採用でも保育士の求人が多い

保育士として転職したい場合は、ある程度募集の時期のピークを事前に調べて、面接や筆記試験、実技などの対策をする事が必要です。
保育士の募集が掛かりやすい一番のピークは毎年6月から7月の新卒の採用が落ち着いた頃で、中途採用の枠が少数だけ設けられるケースが多いです。
特に、保育士求人東京の場合ですと、結構多く募集が出ています。
上記の時期は、新卒者が4月に入職したにも係わらず勤務環境が合わなくて辞める人や、ボーナスを貰ってキャリアに一区切りする人も多く、早く転職先を見つけたいなら春先だけ狙わずに、初夏の時期の募集情報も逃さないようにしたほうがいいです。
そして公立保育士として転職を考えている場合は、ハローワークや求人誌には殆ど採用情報は掲載されないので、市長村から定期的に発行されている町の情報誌は毎月チェックし、少ない採用枠への応募のチャンスを水の泡にしないようにするのは鉄則です。
ちなみに公立保育士の場合は毎年7月前後に一斉に採用情報が流れる事が多く、保育園だけでなく、養護施設や乳児院などでも保育士の募集が若干名あります。
ただ公立保育士は認可保育園と比較しても採用は狭き門になっているので、少ないチャンスを物にできるように市役所や区役所の掲示板をこまめに見に行ったり、派遣会社に登録して紹介して貰うのも良い方法です。

保育士として働く時に考えるべきこと

保育士の仕事は子供を正しく保育する必要があり、伝えたいことを伝えられるように積極的にコミュニケーションを取る姿勢が求められます。保育士は保育園などで仕事をするため、親との信頼関係を強化するように仕事にやりがいを感じて働くことを心がける必要があります。
保育園は幼い時に人との接し方などを学ぶために通うため言葉のやり取りができるように人間関係を築くことが求められ、子供の今後の人生に貢献できるように伝えたいことを的確に伝えるように心がけて仕事に取り組むことが大事です。保育士の仕事は子供が今後の人生を生きるために必要な知識を付ける場として貢献できるようにするため、小学校に進む時に友達を作りやすくできるように人との付き合い方などを教えるなどやりがいを感じて働けるように仕事に取り組む必要があります。
最近は少子化の影響で子供の数が減り高齢者の人口が増えているため、若年者の人口の割合が減るため社会人として今後の社会に貢献できるような人材に育てることが求められます。保育士として働く時に考えるべきことは子供の気持ちを理解して今後の人生に役立てることを正しく伝え、子供だけではなく親との信頼関係を強化できるように責任を持つことが大事です。

保育士の資格をとるために必要なこと

保育士になるためには、保育士資格を取得しなければいけません。
保育士の資格はれっきとした国家資格となっており、取得するには厚生労働省が指定した保育の過程が学べる大学や短大、専門学校で学び課程を修了する必要があります。
また、上記の学校を卒業していなくても資格試験に合格すれば保育士資格を取得する事が出来ます。

ただこの場合問題となってくるのが、受験資格になります。
受験資格がない者は、試験を受ける事すら出来ません。
また保育専門の学校を卒業していなくても、学校教育法に基づいた大学や短大を終えていれば受験資格はあります。
平成3年4月以降に法律が改正され、今では短大卒業程度の学力が必要ですが、それ以前に高等学校を卒業している場合には受験資格がある事になります。
このように卒業年により受験資格の有無が異なってくるので、きちんと確認しておかなければいけません。

もし上記の条件を満たさない場合でも、児童福祉施設で必要な勤務時間を満たせば受験資格が与えられます。
必要な勤務時間は、最終学歴によって異なるので注意が必要です。

保育士の資格試験は、決して簡単な内容ではありませんから、保育課程を修了していない場合は通信講座や専門学校などで学んだ方が効率的に勉強する事が出来るでしょう。

保育士の知り合い曰く

私の知り合いに保育士の人がいますが、凄く大変そうです。
仕事は何でも大変だとは思うのですがそれにしても大変そうで、少しふくよかだった身体も気持ちほっそりしてきたような気がします。
朝早くから夜遅くまで働き、かつ給料も安いということで、もうやっていられないかなと言っていました。
子供たちは本当に可愛いけれど、それだけでは続けられないと嘆いていました。
仕事そのものは好きみたいですが、本当に楽しいのかと思うくらい辛そうです。
私はその話を聞いて、辞める人が多いのも納得だなと思ってしまいました。
確かに、保育士は素敵な仕事ですし、これからも無くてはならない仕事です。
ですが、仕事量にしては給料が安すぎると、部外者である私でさえ思ってしまいます。
保育士事情が大変だとずっと言われているのに未だに改善されず、これでは親も安心して預けられません。
なんとかならないものだろうかと思ってしまいます。
給料が上がるだけでずっと違うと思いますし、パートを受け入れたら負担もずっと減ると思います。
就職はあまり苦労しなかったという友人ですが、選ぶほど余裕がないとも受け取れます。
もっと余裕のある状況になってくれればいいのになと思う今日この頃です。

保育士は命を預かっている緊張感の中で働いています

保育士の仕事は常に、そして、第一に、赤ちゃん、子供達の命を預かっているという緊張感と、責任感の隣合わせで働いています。
色々、保育園、保育所で、子供達に、伸び伸びと楽しんでもらいたい願いは、保育士達にとって、一緒だと思います。
しかし、例えば、公園までの、道のり、車が多い通りを歩く際は、最新の注意が必要になってきます。
チームで何人もの子供達を見ますので、目を子供達、全員に光らせておく必要があります。
歩く速度が、違う子もいます。日によって、体調によっても違います。
歩く順番や、手を繋ぐこと一つにしても、チームの保育士とのコミュニケーションと連携プレーが大切になってきます。
公園へついてからも、危ないものはないか、点検チェックから始まります。
ここでも、他の保育士達とのコミュニケーション、声の掛け合いは欠かせません。
ジャングルジムでは、子供の登りたいという気持ちに、子供の体、能力が見合っていない場合もあります。
子供の運動能力、遊びがあっているかも、保育士間で、話し合いが必要です。
食事面においても、アレルギーチェックが、重要になってきます。
例えば、床にこぼれた食べ物を口にしたりする危険性もあります。
その危険性をしっかり回避する体制を整えなければなりません。
これは、幾つかの例にしか過ぎませんが、保育士は、他の保育士との関係が重要で、子供達の命を預かっている緊張と責任感の中で、働いています。